【給付金】使い道ランキング!10万円はどう使う?世間の声をまとめました!

新型コロナウィルス感染拡大をうけ、安倍晋三首相が給付金を支給すること表明しました。

国民一人あたり一律【10万円】という給付金。

みんなの使い道ランキングをまとめました。

スポンサーリンク

給付金10万円はいつ?

2020年4月17日(金)安倍晋三が現金給付一律10万円を表明。

支給額は年令や性別、国政を問わず、大人も子どもも、一律10万円。

いつ、手元に来るのか、申請方法などが気になりますが、今の所、自治体にもよって早くてもゴールデンウイーク明けになる見込みですね。

申請:郵送またはオンライン
申請期限:各市区町村が郵送により申請の受け付けを開始した日から3ヶ月以内
振り込み:指定された銀行口座

多くの自治体は、5月中旬以降になる見込みです。

10万円が給付されたら、どのように使うか、何を買うのか、使い道が話題になっています。

スポンサーリンク

給付金の使い道ランキング

給付金使い道ランキング

引用…https://crowd-answer.com/articles/10万円の給付金の使い道

クラウドソーシングサービス「ランサーズ」を用いた、男女200名のランダム回答の結果です。

「生活費に充てる」が1位で男女ともに約50%を占めています。

新型コロナウィルスの影響で、リモートワークや、学校の休校により、食費や電気代などの生活費が高くなっている家庭が多いことが理由でしょう。

また、貯蓄・貯金が25%を占めていることが分かります。

その他の意見では、

・医療費
・家具・家電の購入
・育児用品の購入
・パソコンの買い替え

などがあがっています。

10万円を機に、今まで買えなかった商品を購入するという意見もあります。

給付金使い道ランキング

引用…https://news.mynavi.jp/article/20200423-1022555/

続いて、約600人回答のあったマイナビニュースからのランキングを見てみると、「貯蓄・ローンの返済」が1番多い回答です。

続いて多いのは、「自粛期間中の食事」なので、やはり自粛中にエンゲル係数があがり、生活費に充てる方が多いのがわかります。

他には、

・家賃の支払い
・自粛期間中の娯楽費
・欲しかった高額商品の購入
・公共料金の支払い

と、続いています。

スポンサーリンク

給付金10万円使い道・どう使う?

10万円給付金ランキング

給付金10万円の使い道の参考にもなりそうな「ボーナス」は、年に2回受け取る自分へのご褒美のようなものです。

ボーナスだと、使い道をあれこれ考えるのが一番楽しい時ですが、給付金10万円となると、みなさん使い道に悩まれている様子。

 

経済をまわした方が良い・寄府が良い(日本維新の会)・貯金以外で考えようなど様々な意見がありますが、【自分のために自由に使えば良い!】という意見が一般的です。

スポンサーリンク

給付金10万円使い道・何に使う?

みなさんが何に使うのか気になりますよね。

ここからは具体的にまとめました!

1位・パソコン買い換え

 

10万円の給付金でパソコンを買い換えたいという声が非常に多かったです。

壊れないとなかなか買い換える機会もないですし、高額商品なので、後回しになりがしです。

まとまった金額が入ることで、ボーナス時期にもパソコンの買い替えを検討される方が多いので、家電量販店が賑わいますね。

【まとまった金額=パソコン買い換え】の方が多いことが分かりました。

2位・株やNISA

世界経済が打撃を受けたコロナショック。

軒並み外国株も国内株も下がっている状況なので、今がチャンスと捉えて始めるのも良いでしょう。

株式投資の格言の中で【人の行く裏に道あり花の山】という有名な言葉があります。

群集心理を表した言葉で、「他人とは反対のことをやった方が、うまくいく場合が多い」と説いています。

国内株の高配当を行っている株を買い、配当を楽しむの良いですね。

株主優待生活もおもしろいです。

もらった給付金なら、自分の手元から出たものではないので、万が一マイナスになったとしても生活にすぐ響くわけではないので、始めやすいきっかけになりますね。

3位・冷蔵庫の買い替え

自粛期間に伴い、不要不急の外出が提言され、自宅で過ごす時間が急増しました。

そうすると、必然的に自宅での食事回数が増えていて、冷蔵庫がフル稼働!!

小池都知事も3密を防ぐため、「3日に1度の買い物」を進めていますが、そうすると大きい冷蔵庫の必要性が高くなります。

これを機に、冷蔵庫を買い換えたい家庭が増えています。

特に、買いだめには、冷凍商品がマスト。

最近では、冷凍機能も進化し、冷凍庫が大きいものを探している方には買い替え時期もぴったりかもしれません。

 

スポンサーリンク

4位・趣味・年間パスポート

ディズニーランド・ディズニーシーの年間パスポートは、大人だと99.000円。

およそ10万円なので、年間パスポートを思い浮かべた方も多いはず。

3月からディズニーリゾートが閉園し、ファンにとっては寂しい日々が続いていますが、再開したらぜひ通いたいですね!

5位・本

コロナ自粛期間に、家庭で過ごす時間が増え、読書の期間がとても増えたようです。

図書館も閉鎖している所もありますし、自宅でゆったりと本を読むのも良いと思います。

不要不急の外出禁止の期間に、趣味が増えたり、やりたいことが増えたりする方が多いのも特徴ですね。

6位・動物園に寄付

今回のコロナショックで、動物園が存続の危機に扮しているニュースが取り上げられています。

動物園では生き物の動物のエサ代が高額になり、清掃作業をするスタッフの手も止められません。

入場料の収入がない現在、非常に厳しい選択を迫られている動物園の声が心に響きます。

全額ではなくとも、少額の寄付を考えてみても良いかもしれません。

7位・高級肉・和牛

給付金をもらったら、暗いムードの自粛生活を少しでも明るくしたい!との思いから、高級なお肉を購入予定の方も多くいます。

家族で楽しめたり、おひとりさまでもちょっとした贅沢ができるので、食費に使うのは良い選択ですね。

ちょっとした贅沢は、心に余裕も生まれ、ギスギスした自粛生活に潤いを与えてくれます。

スポンサーリンク

給付金10万円・何に使うランキングまとめ

安倍晋三首相が4月17日に国民に一律10万円を給付すると明言してから、何に使うか話題になりました。

まとめると、やはり【生活費】の一部に回すという一般的な答えも多くありましたが、何かを買って消費するという意見の方が元気になれる気がしますね。

「買い物」はストレス発散にもなりますし、自粛期間を頑張る材料にもなります。

給付金は、一家の世帯主に与えられるので、家族会議で決めるのも楽しいですね。

スポンサーリンク