9月入学で学年どうなる?保育園の入園はいつ?妊活.保活まとめ

9月入園では学年どうなる保育園はどうなる

コロナウィルス感染予防のための学校休校が続いています。

緊急事態宣言の延長が繰り返され、いつ学校が始まるかわからない状況。

そんな中で浮き上がった9月入学説。

保育園の入園を考えている妊娠中・育休中の方は困りますね。

保育園・幼稚園の学年はどうなるのか、育休・保活・妊活も合わせてまとめました。

スポンサーリンク

9月入学で学年どうなる?

4月入学の現在の状況は、4月2日生まれ~翌年4月1日生まれまでが1学年です。

4月1日~の区切りでないのは、民法で年齢を取るのは4月2日の場合、4月1日24時なんですね。

つまり、4月1日23:59までは年を取っていないのです。

産まれた時間に年を取るイメージがありますが、それでは日本中でバラバラなので民放で決まっているのですね!

(小学生の頃は不思議でしたが大人になれば納得です。)

今までは

4月2日~翌年4月1日までが同じ学年

でしたが、

9月入学となれば、どこかで半年分の調整をしなければいけません。

9月2日~翌年9月1日までが同じ学年

ということは、4月~8月生まれの”ぽっかり”と宙に浮いてしまう子がでてきます。

どこかの学年で4月~8月生まれの子どもたちを繰り越ししないと合わない問題がでてきます。

今の所、よく言われていて濃厚なのは、

●今の幼稚園・保育園の年長(5歳児)の半分と、
●年中(4歳児)が

再来年に1年生になるという説でしょうか。

今0歳児やお腹にいる赤ちゃんの学年はどうなるのか?

9月入園になると、いきなり1歳児クラスになることも…

また、その場合、いつ入園になるのか?

9月入学問題で1番、翻弄されているのは、現在妊娠中や、育休中のママたちですよね。

下記にそれぞれまとめました。

スポンサーリンク

保育園の入園はいつになる?

 

9月入学になると、保育園のママたちの困るポイントはなんでしょうか、まとめてみました。

9月入学の保育園問題

●育休の延長ができるのか
●9月まで保育園入園できない
●待機児童であふれる
●早生まれが変わるので入園しにくくなる
●4~8月・9月~3月で学年が分かれる

待機児童問題は、日本の社会問題でもあり、度々議論されています。

今回の【9月入学】に関しては、高校生からの発信がきっかけで賛成の署名運動にも発展しています。

発信元が高校だったことで、保育園や幼稚園、未就園児の問題にまで議論が追い付いていないと感じます。

保育園の入園がどうなるのか、仕事復帰・育休延長や妊活問題にまで発展するべき課題ですが、追い付いていないと感じます。

 

スポンサーリンク

保育園の入園は9月に!?

9月入学に変わると、仕切り直しでこの9月から新学期が始まることになりますね。

すると、本来なら3月に卒園する子供たちがまだ保育園に在園するという特殊な事態になります。

保育園は厚生労働省の管轄により、敷地面積・部屋面積・子ども一人当たりの保育士の人数などが細かく決まっています。

そのため起こることは、【保育園に4月に空きがない】

ということになります。

kuma
ということは…4月には保育園に入れない!!9月入園になるの!?

保育園になかなか入れない待機児童が多い地区のママは、保育園の入園を考えて妊活している方もいるのが事実です。

4月入園・復帰にむけて妊活(もしくは妊娠中)の方は、9月入学になると4~8月の間、入園できない方もでてきます。

その場合の場合の対処法をまとめました。

9月入園までの対処法

●仕事復帰を半年延長
●4~8月までは祖父母や保育ママに預ける
●一斉入園の9月を待たず、途中入園できる託児所や認可外を探す
●妊娠中の方はすぐに保活開始する

正直、この9月入学で困るのは、未就園児を持つママたちです。

小・中・高校の【9月入学】のメリットばかり取り上げられている気がしますが、もっと小さいお子さんの未就園児にも目を向けて頂きたいですね。

保育園活動はどうなる?

現在の4月入園では、市町村によって違いがありますが、保活のスケジュールをまとめました。

【4月入園】

●4月~9月:保育園見学や情報収集

●10月~:申し込み開始

●2月前後:申し込み結果発表

認可外保育園は、上記に沿わず、独自のスケジュールで可能です。

もし9月入園になった場合はどう変わるのでしょうかスケジュール見てみましょう。

【9月入園】
●今から~翌年2月:保育園見学や情報収集

●4月頃~:申し込み開始

●6.7月頃:申し込み結果発表

と変更されるかと予想されます。

保活問題、復帰の時期を考えて妊娠・出産されたママたちにとって9月入園にかわることは今後の人生設計にも大きく変化があり、反対意見も多く出ています。

妊活はどうなる?

保育園に入園することを考えると、妊娠の時期、出産の時期を逆算している家庭も多いです。

なぜかというと、【1月~3月生まれ】の早生まれのお子さんは、入園しずらい傾向にあるからです。

年度の終わりになると、保育園の途中入園もできないくらいに満員になります。

9月入園になると、早生まれが変わって来ますので、妊活にも影響を与えます。

妊活・保活で計画している方は本当に多い印象。

保育園に入園しやすいため、4月~8月出産で計画していますね。

育休を1年取るとすると、お子さんと長く一緒にいれますし、母乳をしっかりあげたいという方もいます。

あたたかい時期に産むと風邪をひきにくかったり、感染症になりにくかったりするだけではなく、様々な問題から春・夏生まれを選んで計画していることは、あまり政治家には知られていないのかもしれません。

スポンサーリンク