【福島編】朝ドラ・エールのロケ地はどこ?撮影場所やスポットを全部まとめました!

朝ドラエールのロケ地

NHKの朝ドラ『エール』が2020年3月30日スタートします!

『エール』では、昭和の音楽史を代表し、数々の名曲を生み出した作曲家・古関裕而さんを窪田正孝さんが演じます。

窪田正孝さんが好き!会いたい!と言う思いで、朝ドラ『エール』の舞台となる福島県のロケ地についてまとめました!

スポンサーリンク

朝ドラ『エール』の福島県の撮影

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

朝ドラ『エール』は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家とその妻の物語。

作曲家を窪田正孝さん、その妻を二階堂ふみさんが演じます。

窪田正孝さんは、福島で代々続く老舗呉服屋の長男役。

跡取り息子として周囲の期待から商業を学び、伯父が経営する銀行に勤めます。

『呉服屋さん』ということで、着物姿の窪田正孝が見られるのも楽しみです♡

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

朝ドラは、半年かけて放送されます。

民放のドラマと比べて、放送期間も長く、地方のロケ地巡りも盛り上がっていきます。

スポンサーリンク

朝ドラ『エール』ロケ地・撮影場所まとめ【福島編】

窪田正孝さんが演じる古関裕而さんは、福島県出身。

福島県のみなさんにとって古関裕而さんは多くの功績を残された福島を代表する立派な偉人!

■主な作品■
●栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)
●六甲おろし(阪神タイガースの歌)
●闘魂こめて(巨人軍の歌)
●ラジオドラマ「君の名は」「鐘の鳴る丘」の主題歌

福島駅前には、銅像があるそうです。

時間ごとに、作曲した音楽が流れるので、ぜひこちらも聞いてみたいです!

福島県・旧廣瀬座

撮影場所は、福島市民家園 旧廣瀬座(福島市上名倉字大石前地内 あづま総合運動公園内)

旧廣瀬座では、古山裕一(窪田正孝さん)の【ハーモニカ倶楽部での演奏会シーン】が撮影されました。

窪田正孝の朝ドラエール

明治20年に建てられた歴史ある佇まいで、時代設定にぴったりです。

現在は、国の重要文化財に指定されています。

窪田正孝朝ドラエールのロケ地

窪田正孝さんが音楽の楽しさに気づき、音楽の道を志すきっかけにもなる重要なシーンが撮影されました。

朝ドラエール窪田正孝さん

 

スポンサーリンク

福島県・聖ステパノ教会

教会での聖歌隊のシーンが撮影されました。

子役時代の音(二階堂ふみ)が、聖歌隊に混じって歌うシーンの撮影です。

子役時代の清水香帆ちゃんがかわいい!

聖ステパノ教会は、大人になった窪田正孝さんと、二階堂ふみさんが訪れるシーンもあります。

明治38年に建てられた教会で、地元で愛されているようです。

残念ながらエキストラの募集は終わってしまいましたが、聖ステパノ教会は、ロケ地巡りの場所として候補に入れたい素敵な佇まいです。

窪田正孝さんのオルガンを弾くシーン…

本当に合っていてかっこいいです!!

教会に立っているだけで絵になる窪田正孝さん。

二階堂ふみさんとの身長差、カッコよすぎます。

窪田正孝さん朝ドラエールのロケ地

窪田正孝さんと二階堂ふみさんの笑顔が可愛い、教会での撮影シーンのオフショットのInstagram。

なぜ、キツネの手でポーズをしているかは…なぞです。笑

スポンサーリンク

朝ドラ『エール』のロケ地・撮影場所のSNS

他にも、場所は分かってませんが、音楽学校のシーンが撮影された情報もあり、調査中です。

放送を見ながら、ロケ地巡りを考えるのも楽しみのひとつなので、追記したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク