【星影のエール】グリーンの主題歌の歌詞の意味を解釈!

GReeeeNの「星影のエール」が素晴らしい歌詞で感動すると話題です。

朝ドラ「エール」の主題歌で、ドラマの内容ともリンクするところがあり、応援歌として朝から元気になる曲!

星影のエールの歌詞の意味や解釈をまとめました。

スポンサーリンク

「星影のエール」の歌詞

グリーンの星影のエールが流れるオープニングの映像です。

星影のエールは、2020年の朝ドラ「エール」のグリーンが歌う主題歌。

窪田正孝さん、二階堂ふみさんのW主演でも話題になり、作曲家とオペラ歌手を目指す夫婦の暮らしを、様々な音楽と共に制作されています。

NHK朝ドラの主題歌は毎日聞くこともあって非常に人気が出やすいですが、今回のGReeeeN「星影のエール」はいつにも増して評判がとても良いのです。

それは、【希望に満ち溢れた素敵な歌詞】が心に響くから。

「星影のエール」歌詞

泣いて 生まれて 響く命

きっと嬉しくて 笑っているんだ

僕らはきっと 出逢うでしょう

手を引き 背を押し 出逢うでしょう

きっといつか今日の日も 意味を持って ほら

耳をすませば

星の見えない日々を 超えるたびに

互い照らすその意味を 知るのでしょう

愛する人よ 親愛なる友よ

遠くまで 響くはエール

星の見えない日々で 迷うたびに

誰か照らすその意味を 知るのでしょう

愛する人よ 親愛なる友よ

あなたこそが エール

聞く人に元気を与える素晴らしい歌を歌うGReeeeNは、4人組。

HIDE、navi、92、SOHの4人組で、全員が歯科医師免許を持ち、顔を伏せて活動しているのは有名ですが、出身地はどこかご存知ですか?

福島県で結成されたボーカルグループなのです。

また、主人公の小山雄一も福島県出身。

朝ドラ「エール」のロケ地も福岡県。

主人公の小山雄一の記念館が福島市にあり、メンバー4人で行って見たそうです。

福島県、故郷を大切に思う気持ちも込められ、作られた歌詞だからこそ感動を与えるのかもしれません。

スポンサーリンク

意味を解釈

歌詞から意味を読み解いていきたいと思います。

泣いて 生まれて 響く命
きっと嬉しくて 笑っているんだ

赤ちゃんの生まれる瞬間、多くの人が感動に包まれ、涙します。

涙の種類の中でも、嬉しさの涙を表し、この歌が命に対する応援歌であることが伝わりますね。

僕らはきっと 出逢うでしょう
手を引き 背を押し 出逢うでしょう

喜びに包まれて生まれた命も一人では大きくなれず、たくさんの人と関わりながら成長します。

出会いは偶然のようでいて、必然だったのかと感じることもあるほど、人とのつながりを深く感じることがあります。

きっといつか今日の日も 意味を持って ほら
耳をすませば

毎日、何気なく過ぎていく日々でも、一生懸命に打ち込んだ日も、どんな日であっても、意味がある。

その時には分からなくても、あとで意味が分かることもありますよね。

思い通りにいかなくて苦しい日は、耳をすませ、立ち止まって考えてみてもいいのでは、と少し楽になれるような歌詞だと思います。

その時にはがむしゃらで周りが見えなくても、きっと努力は報われるというメッセージではないでしょうか。

星の見えない日々を 超えるたびに
互い照らすその意味を 知るのでしょう

「星」に関する意味は、GReeeeNのインタビューから分かることがあります。

【ラジオインタビューより】

昔は、星を頼りに動いてたりとか、暗闇の中に灯される光というものに導かれて、いろんな人が動いたりとか。

それぞれの存在もそうなったらいいなっていう、そういう曲にしてみました。

昔は、ナビやグーグルマップなど便利なものはなく、星を頼りに移動したり生活したり、かかせないものでした。

天気が悪く、星が見えない日には、大変苦労したと思います。

そんな暗闇の中で頼りになるのはやっぱり人間。

苦しみを超えるたびに、強くなり、お互いに大切な存在だと気づくことができるという意味でしょう。

愛する人よ 親愛なる友よ
遠くまで 響くはエール

愛する人・親愛なる友へのエールを送る応援歌。

遠く離れていても、どこかで応援してくれている人がいると思うと、踏ん張って頑張れますね。

そばにいて手を握れない距離だったとしても、応援する気持ちは届けられます。

そして、自分もまた相手が頑張っている姿から、元気をもらってエールもお返しをもらった気持ちになりますね。

星の見えない日々で 迷うたびに
誰か照らすその意味を 知るのでしょう
愛する人よ 親愛なる友よ
あなたこそが エール

人生、思い通りにいかず、苦しい日々もありますが、時に支えあい、導き、ともに泣き笑い、落ち込んでは慰め、励ましあいまた前を向く。

そして夢に向かっていく。

ただの一方的な応援歌ではなく、苦しみや絶望にも寄り添いながら、共に生きていくという意味が込められているようです。

スポンサーリンク

ドラマ「エール」のあらすじから考察

ドラマ「エール」とのあらすじとリンクし、ドラマを盛り上げてくれる主題歌「星影のエール」。

あらすじと共にご紹介します。

泣いて 生まれて 響く命
きっと嬉しくて 笑っているんだ

グリーン朝ドラエールの主題歌菊池桃子朝ドラ

1話で主人公の小山雄一の出産シーン。

母親役の菊池桃子、父親役の唐沢寿明の喜びようは、命の誕生の神秘と素晴らしさを感じました。

朝ドラエール

小学生時代にいじめられた小山雄一ですが、大人になり小学校時代の友だちと再会し、音楽の道が広がる瞬間があります。

また、小山雄一と、のちに結婚する音は、子どもの頃に出会い、大人になって再開する運命の相手。

朝ドラエール

人との出逢いには、何か必然があり、意味があるのかと思いますね。

作曲家を目指す主人公・小山雄一ですが、なかなか目が出ずに苦労します。

結婚した音はふがいない夫の姿に呆れつつも、才能を信じ、レコード会社を駆け回ります。

誰かのために頑張る姿って美しいですね。

自分が頑張ることで、周りにエールを送っていることになるのです。

スポンサーリンク

配信・CD発売日

GReeeeNのニューシングル『星影のエール』6月24日発売です。

NHK連続テレビ小説『エール』の主題歌として書き下ろされ、聞いた人みんなに希望を与えるような前向きな歌詞が良いですね!

朝ドラにふさわしい爽やかで明るい雰囲気、そして希望に満ち溢れた素敵な歌詞が印象的です。

国民的名曲になりそうです。

スポンサーリンク