【画像】小池百合子の母親はカイロで起業していた?性格も豪快だったと話題に!

小池百合子の性格は母親似

小池百合子さんの母親の小池恵美子さんは大正生まれの「粋で肝っ玉の太い」性格だったと小池百合子さんが語っています。

豪快でエピソードの多い母親・恵美子さん。

小池百合子さんの性格は、この母親に似ているとか?

若い頃の豪快エピソードをまとめました!

スポンサーリンク

小池百合子の両親のプロフィール

小池百合子の家族

小池百合子さんをテレビで見ない日はないほどのご活躍。

好き・嫌いが分かれ、敵を作ってしまうほどのきっぱりとした性格は、母親譲りとか?

どんな母親・父親だったのでしょう。

 

【小池百合子さんのご両親についてのコメント】

「実業家だった父は根っからの政治好き、憂国の情にあふれた国士でした。

母も還暦をすぎて、エジプトで日本料理店を開く

ピンヒールで闊歩(かっぽ)してね。

2人ともリスクテーカー(リスクをとる人)、たとえ失敗しても、それがどうしたのってタイプでした」

引用…https://mainichi.jp/articles/20160801/dde/012/040/004000c

小池百合子の父親家族

父親の小池勇二郎さんは、神戸市で貿易商を営んでいました。

石原慎太郎による将来的な新党結成を見据えた「日本の新しい世代の会」の推薦を受けて、1969年12月に実施された、第32回衆議院議員総選挙に旧兵庫2区から無所属で立候補しましたが、落選してます。

小池百合子さんも、父親のことを「根っからの政治好き」というのが分かるエピソードですね。

小池百合子の母親

母親の小池恵美子さんは、兵庫県赤穂市(あこうし)で有名な「赤穂の塩田」の地主であった小川家の出身です。

裕福な暮らしをされていたのは、間違いないでしょう。

兵庫県芦屋市に住まいを構え、小池百合子さんが産まれました。

キャスターから、政治家になる小池百合子さんを晩年応援し、心身ともに支えた存在でした。

スポンサーリンク

小池百合子の母親の豪快エピソード

小池百合子の家族母親

エジプト海外留学を勧める!

小池百合子さんは現在67歳。

今から50年ほど前の時代の話しです。

甲南女子高校卒業後に関西学院大学社会学部(関西学院大学社会学部・偏差値:55.0~60.0)に入学するものの中退。

その理由は、アラビア語通訳を目指したから。

なぜ、アラビア語かというと、「国際連合の公用語にアラビア語が加わる」という新聞記事を読んだことがきっかけです。

こうした新聞記事を読み、エジプトのカイロ大学への留学を勧めたのは母親の恵美子さん!!

「人と同じじゃつまらないでしょ。」と言うお母さん、カッコよすぎます。

カイロ大学で常用されているアラビア語『世界で一番難しい言語』とも言われており、習得する難易度は桁違いなのです。

卒業するのに7年かかる人もいるとか。

そんな世界にポンっと背中を押せる母親、さすが肝っ玉が座っています。

スポンサーリンク

日本料理店で起業!?

カイロ大学小池百合子さん留学

1971年9月に大学を中退してカイロ大学に留学した小池百合子さんは、世界一難しいとされるアラビア語を習得します。

その間、母親の恵美子さんが旅行で留学先のエジプト・カイロを訪れます。

娘の留学先に遊びに行くのは、よくある話ですが…

1976年、小池百合子さんがエジプト・カイロ大学を卒業するのと入れ替わるように、恵美子さんはカイロに渡り商売を始めます!

その商売は、『日本料理店 なにわ』です。

なぜ、専業主婦だった母親の恵美子さんがエジプトで起業したのか?

小池百合子さんの母親との会話から分かります。

 

・カイロに一軒だけあった日本料理屋で、大好きな『すき焼き』を注文したときのことです。

「エジプトでは白菜が手に入りにくく、代わりにキャベツを使っていました。

それがどうしてもお気に召さなかったらしく、『これはすき焼きじゃない』ってすごい剣幕で(笑)」

すき焼きにキャベツが入っていたのが嫌だったみたいですね。

この時のことが忘れられなくて、なんと1年後に、カイロの高級住宅街モハンデシーン地区に、日本料理店『なにわ』をオープンさせました。

ものすごい行動力の持ち主ですね。

スポンサーリンク

カイロで最も有名な日本人に!

小池百合子さん母親エピソード

日本料理「なにわ」は、スタートから好調だったそうです。

エジプト・カイロでも日本の味が認められたとは、相当な努力が感じられます。

イラン革命で国を追われたパーレビ元国王家族などのようなVIPもお忍びで来店したとか。

その後20年の間、カイロに根付きましたが、惜しまれつつ閉店。

当時、カイロで最も有名な日本人は間違いなく小池恵美子さんだったという話もうなずけます。

今から数十年も前の時代に、海外の見知らぬ土地での起業とは、本当肝っ玉がすわってますね。

スポンサーリンク

肺がんになってもタバコ!

小池百合子母親のタバコ

母親の恵美子さんは、2013年、集団検診で肺の影が発見され、精密検査の結果、4段階あるステージのⅡA期の肺がんと診断を受けました。

様々な文献を読み、治療方針について尋ねたら、母親の恵美子さんは、こう答えたそうです。

『手術するとなると長期の入院でしょ、タバコも吸えないし』

禁煙を勧める声にも、

『私は死ぬまで吸うわよ』

きっぱり言い放ったそうです。

肺がんのどんな治療も身体にダメージを与えます。

『残りの人生、辛い思いはできるだけせずに、楽しく生きたい』

そうした言葉もあって、がん細胞と戦わずに、共生するという方針を決めたそうです。

その後、88歳で他界されています。

また、相次いで父親の勇二郎さんも、90歳で他界されています。

生まれが裕福で、お嬢様育ちかと思いきや、豪快で行動派の母親恵美子さん。

小池百合子さんの性格は、お母さん譲りなのでしょうね。

スポンサーリンク

小池百合子の性格は母親譲り

小池百合子性格

小池百合子さんの性格は、ネットの声だけでも色々あります。

露出のある東京都知事なので、好き・嫌いがわかれてしまうのも仕方ないでしょう。

新型肺炎コロナウィルスでは、手腕が問われる局面が多々あり、小池百合子さんの性格でなければ乗り越えられない!との声も上がっています。

■小池百合子の記事■

小池百合子の話し方が嫌い!?カタカナ語を乱用する理由は?【カタカナ語録】

小池百合子のアナウンサー時代の評判は?若い頃は嫌われていた噂は本当?【画像】

小池百合子のマスクが逆で大きいのに「かわいい」の声!【画像】

 

スポンサーリンク