夜泣きはいつまで続くの…乗り切る5つのポイント(1歳児)

「赤ちゃんって…すやすや眠ってるんだと思ってました…」と、”天使のような赤ちゃん”のイメージを持ってる新米ママが多くいます。

でも実際は、思い描いていたものとは違った夜泣きが続くとつらいですよね。

オムツも替えたし、授乳もしたし、室温も調節したし…でも泣き止まない…理由が分からず、泣き続ける赤ちゃんを前に、ママも泣きたくなってしまいますよね。

本当にお疲れ様です。

夜泣きは長く続くものではない…と思ってはいても、毎晩のことになると、疲労困憊で睡眠不足になったり体調を崩したりしがちです。

赤ちゃんのお世話に一生懸命なママが精神的にまいってしまう前に、保育士が聞いた経験豊富なベテランママの体験談から、いくつかご紹介しますのでピンとくるものを試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

1歳児、毎晩泣いて寝不足…なぜ泣くの?

赤ちゃんが寝ている

いつ頃から始まるか定義はありませんが、一般的には生後3ヶ月頃から始まり、6.7ヶ月頃にピークを迎え、1歳頃にはおさまる傾向ですが、長いと2歳前まで続くこともあります。

新生児期は、お腹がすいて泣くことがほとんどなのでおっぱいやミルクを飲んでお腹がいっぱいになると再び眠ることが多いです。

その時期を過ぎると、突然夜中に大きな声で泣き出し、夜中に2.3回繰り返されるのが始まりです。

この時、発達からくる夜泣き以外に、あまりにも泣き止まずに病気の疑い(発熱、腸重積など)がある場合は、早めに病院を受診しましょう。

”赤ちゃんは泣くもの…”と分かっていても、やはり夜中に、抱っこしたりあやしたり、夜中なのに、昼間と同じように育児するのはつらいものです。

そして、”夜泣き”は、原因が分からないのがこの夜泣きのやっかいなところ。

スポンサーリンク

夜泣きはこうして乗り切った!ママの方法

ママがんばる姿

朝と暗い夜の生活を感じられるようにする

”基本的な生活習慣”、これが大切なポイントになります。

生後1年たつと生活リズムが大きく影響してきます。

朝起きる時間を一定にし、カーテンを開け朝日を浴びる。

朝日には、体内時計をととのえて正常化する効果があります。

前日に良く泣いた日は、ママも起きるのもつらい日もあるとは思いますが、良い睡眠のために、まず、【朝、起きる時間を決める。】

何日か続けると眠る時間も日に日に一定になってきます。

夜寝る時は、1時間前からテレビなどのメディアの刺激は控えて、カーテンを閉めた部屋で、落ち着いた雰囲気作りを心がけましょう。

赤ちゃんはだんだん夜と昼が分かるようになってきます。

こうなったら、昼は外気浴・お散歩などで”今はお昼だよ~”と教えながら体内時計を整えて行きましょう!

ママやパパ、家族みんなで意識できるとさらに効果的ですね。

基本的な生活習慣を整えるには、離乳食の時間を一定に決めることもさらなるポイントです。

昼間に、ほど良い刺激をあたえる

夜泣きの原因のひとつとして、”刺激”の問題があります。

夜泣き経験者ママの話の中で多かったのは、

  • 昼寝の時間が長すぎた
  • 寝る時間がずれてしまった
  • 夕飯・お風呂の時間がずれてしまった
  • 泣いてしまう出来事があった
  • 遠出のお出かけをして車に長時間乗った
  • 上の子の体調が悪く、1日家の中で過ごした

など、刺激が少なすぎても、逆に多すぎても夜泣きにつながることがあるようです。

”初めてハイハイできた日に、喜び過ぎたのか夜泣きがひどかった”

と言うレアケースもありました。

昼間のうちに、支援センターやお散歩、買い物などに出かけ、ほどよく疲れる時間を設け、また、「昼寝の時間は長くなりすぎないように」を、心がけてみましょう。

月齢によって度合いが違いますが、赤ちゃんにとっての”ほど良い刺激”がポイントです。

赤ちゃんのお気に入りのグッズを見つける!

あひるのおもちゃ

添い寝をしたり、抱っこしたり、これで寝てくれるといいのですが、やはりそれだけでは頻回に起きたり泣いたりしてしまうのが、夜泣き。

ガーゼや、タオル、小さめの枕など、赤ちゃんが入眠するときに、そっと顔にあてたり、手にもたせてみたりしてみましょう。

※くれぐれも窒息には、十分注意してくださいね!※

この”お気に入グッズ”の効果は抜群で、タオルを握ったり、枕をほっぺにあてたりすることで、”安心感”を得られるようになります。

また、赤ちゃんにとって”いつもと変わらないもの”ということも安心感につながるので、

「いつも同じものがある=寝る時間」と身についていくようです。

おもしろいものでは、こっそり経験者ママさんたちが教えてくれた裏ワザで、まくら(赤ちゃん用の軽い物)眠った赤ちゃんのお腹の上にそっと置くと、なぜかぐっすり眠る時間が長くなったという情報があります。

まくらの他に、ぬいぐるみを置いてチャレンジして成功した例も!

赤ちゃんにとって何が心地よいのか…試してみる価値ありそうですね♪

スマホアプリを利用する

夜泣きに効くアプリ!?とはいったいどのようなものでしょう。

実際に利用していママに聞きました。

赤ちゃんが好きだと言われている”ザーッという雑音”に似ているホワイトノイズとよばれる

  • ビニール袋のカサカサ
  • 心拍音
  • 水道
  • ドライヤー

などの音を再生することができます。

タイマー設定や、録音機能もあるので、お母さんの声を録音しておくのもいいかもしれません。

ただ聞かせるだけではなく、赤ちゃんをそっと優しく包みこむように添い寝すると効果的ですよ。

スポンサーリンク

思い切って一度起こす

睡眠不足が続くとママの精神状態も心配ですが、思い切って一度目を覚まさせてしまうのも効果的です。

最終手段のように感じるかもしれませんが、あれこれと手をつくしたママに一度試してほしいです。

2歳前になると、立ち上がって歩き出す、夜中に遊びだす、などよく聞く話です。

覚醒してしまうと、もう寝ないんじゃないかと心配になりますが、少し遊んだら眠気がやってきてウトウトしだすパターンも多いのです。

その間、泣かずに機嫌が良いなら様子をみてみましょう。

スポンサーリンク

夜泣きを乗り切る方法5つまとめ

1歳児の夜泣きを乗り切る方法をまとめました。

渦中にいるママたちに、「本当にお疲れ様」という言葉を送りたいです。

いつかは、終わる。でもその終わりはいつ??と悩むことでしょう。

でも、どうにか、色々試して乗り越えていって欲しいです。

そしてママの安眠を願っています。